保育士の仕事の良さについて

子供の成長を見られる

保育士の仕事のやりがいの1つはやはり子供の成長を目の前で感じられる点でしょう。子供というのはとても成長が早いものです。特に小学校に上がる前の子供というのはどんどん成長していきます。単に体が大きくなるという意味だけではなくて、知能の方もどんどん発達していくでしょう。きちんとしたマナーを身につけたり、挨拶ができるようになったり、協調性を身につけていくのです。

小さい頃から小学校に上がるまでの子供の成長を目の前で見守ることができるのです。保護者よりももっと近い立場からそれぞれの子供を見守ることができます。子供が卒園するときにはとても感慨深いものがあるでしょう。

そんな子供達の成長をサポートするのが保育士としての役割となっています。保育士としてしっかりと子供達を支えることによって、子供達はどんどん成長していくことができるのです。どうすれば子供達がもっとステップアップしていくことができるのかを一生懸命考えます。そのような時間も楽しいものとなるでしょう。

自分の子供がいなかったとしても、子供達の成長を目の前で見守ることができるのは大きなやりがいにつながるでしょう。このような楽しさを感じながら仕事をしている保育士は多いのです。

     

Menu